迸る水掲示板

84215

滝、旅、動物、食べ物、質問、要望、苦情、etc・・・、どんな話題も大歓迎
滝と無関係でも、画像がなくても、 全く問題ありません(・ω・)b

皆様からの書き込み、心よりお待ち申し上げます (*゚▽゚*)
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

こつぶが続きます(笑) - Wind Ripple

2017/05/24 (Wed) 00:49:48

赤目四十八滝の中でもあんまり注目されることがないであろう笄滝です。
岩からにょき~っと伸びた杉の巨木と静か~な滝壺がなんとも言えず気に入っちゃいました。
これが滝か?って声が聞こえてきそうですが・・・。
というか雨が降ってないので水が少なかっただけだったりするんですけど・・・(笑)

山椒は小粒でもぴりりと辛い - MUTYO

2017/05/25 (Thu) 00:51:50

Wind Ripple様 こんにちは(*'▽')

良いですね~、イイですね~。うん、(・∀・)イイ!!
新緑と言えばWind Ripple様 Wind Ripple様と言えば新緑ですよね~(^^♪

この時期ならではの新緑の色合いが、何とも言えない雰囲気を醸し出していますね
岩からの巨木が見事、長い年月をかけて生み出された景観は趣がありますね。
自宅の裏庭にこのような風景があったら最高でしょうね~。

私は小粒も大粒も大好き(^^♪ いつもお土産ありがとうございます

GW報告1 - サモハン

2017/05/21 (Sun) 09:26:08

庵座の滝 中々大きかったです。

GW報告2も楽しみです(^^)/ - MUTYO

2017/05/25 (Thu) 00:49:15

サモハンさま こんにちは~(^^)/
GWのお土産1、ありがとうございます

岩肌がとっても印象的かつ見事な流身、滝前からの眺めは素晴らしかったのでしょうね
あらゆる角度から熱心に撮影しているサモハン様の姿が目に浮かびます。

この滝は難易度が高そうですが、私でも何とか訪問できるかな~?

四国吉野川支流大北川「翁の滝」 - つね URL

2017/05/20 (Sat) 17:26:48

登山口目指して車を走らせていたところ、なんとも立派な滝が見えたので、帰りに撮ってきました。
地図には何も記載がなかったのですが、こんな立派な滝が名無しということはあるまい、とネットで調べてみると「翁の滝」と言うそうです。(由来はよくわかりません)
新緑の今も良い景観でしたが、紅葉時期にはさらに素晴らしいそうです。
また、水量が多いときは滝が2本になるようです。

お花を見に、お山に遺構(行こう) - MUTYO

2017/05/25 (Thu) 00:47:13

つね様 こんにちは(^_^)v

翁滝のお土産、ありがとうございます
緑の色合いが素晴らしい事に加えて、立派な滝、見応えがありますね。
私は新緑が大好き、もちろん滝も大好きなので、最高の組み合わせですね。

ブログを拝見しましたが、さぞかし気持ち良い山行になったのでは?

今年初!迸るヒョングリ滝! - Wind Ripple

2017/05/15 (Mon) 23:49:00

この滝までは殺人の滝ほどは殺人的な行程ではなくお手軽です。
でも6つある滝を全部見てそのまま登山するととんでもない筋肉痛に見舞われます(笑)
単純に運動不足なんですけどね。
飛びます!飛びます!楽しいヒョングリ滝でした。
神爾滝(四の滝、雄滝)です。

爽やか~(^^♪ - MUTYO

2017/05/18 (Thu) 06:01:54

Wind Ripple様 こんにちは(^_^)v

見事な跳ね滝のお土産、ありがとうございます。
物凄い跳ねっぷりですね~、鮮やかな新緑に加え岩肌の雰囲気も良い感じ、素晴らしい!!!

山にも登られたとは凄い、とっても楽しく充実した時間を過ごされたのでしょうね。
筋肉痛ですら、意外と気持ち良い痛みだったのでは??? って、やっぱり大変か(笑)

それにしても、タイトルがネットニュース記事の見出しのようで・・・、何かカッコイイですね。
見所盛り沢山のお土産、眺めているだけで清々しい気分になりました
いつもありがとうございます(^^)/

アドバイスありがとうございました! - Wind Ripple

2017/05/13 (Sat) 21:34:20

いや~、まいりました。スクリーンキーボードなどというものがあったんですね。知りませんでした。
とりあえずログインしてみて挙動に変な所がないかを確認してPC修理屋さんに持ち込んでみました。
現状、キーボードだけがダメという結論でした。
キーボード交換で1.5万円。マザーボードも影響を受けているだろうから早晩壊れることを前提に
外付けのキーボードをPCの上に載せて凌ぐことにしました。選択肢を先に検討できて助かりました。

ということで遅まきながらGWの小滝巡りを紹介できそうです。本当に小滝ばかりですが・・・(笑)

河津町の三養滝です。正面から見ようとすると民家の通路を通っていく必要がありました。朝7時半怒られるかな?と思いつつ呼び鈴押してご挨拶すると
笑顔で通してくれて帰りにお礼の挨拶をしたらこの滝の昭和30年頃?の白黒写真を見せてくれました。
この滝で残念なのは滝口の両岸にそびえるコンクリート壁、
上を通る国道を支えるためのものですが
昔は木の橋だったそうで今のようには惨くはありませんでした。河津七滝もそうでしたがこのエリアの
柱状節理は本当に見事ですね。淵も見事だし良い滝なんですけどねぇ。

小滝でも、大瀑を凌ぐ魅力が盛沢山♪ - MUTYO

2017/05/14 (Sun) 23:58:07

日頃、不具合なく動作しているものが突如動かなくなると、色々な意味でダメージが大きいですよね。
私自身、昨年から長年使用しているPC(win7→8→8.1→10に更新して使用)の不具合が多発し・・・

三養院滝のお土産、ありがとうございます
広い滝壺と特徴的な岩の造形が素晴らしいです
コンクリート壁は確かにチョット景観的にお邪魔ですが、国道工事で滝が消滅しなくてよかった

この滝は、いつか訪問するつもりでだったので、貴重な情報感謝
正面から撮影したかったので、訪問する際には民家に声をかけてみますね

牧馬F2 - サモハン

2017/05/03 (Wed) 21:50:35

素晴らしいとこでしたが、ここにはヒルが・・・

秘境滝? - MUTYO

2017/05/07 (Sun) 00:47:17

サモハン様 こんばんは(^^)/

綺麗かつとってもレアなお土産、ありがとうございます。
私では到底辿り着けない高難易度の滝に訪問されましたね。

三条の美しい流れ、タイトルの記載がなければ全くわからず、何処の秘境滝かと思いました。
F2に訪問されたとしたら、先にF3も楽しまれたのでしょうね?

Re: 牧馬F2 - サモハン

2017/05/09 (Tue) 20:11:53

F3の方が好みでした。上流に滝があるのをよくご存知で

どちらも美しい♪ - MUTYO

2017/05/12 (Fri) 00:12:57

おおぉ~(^_^)v 早速のF3のお土産ありがとうございます。

私もどちらかと言えば、F3のほうが好みですね。
ただ、どちらも難易度が高いので、私にはチョット厳しい・・・。頂いたお土産を見て我慢します

仁淀川源流「にこ淵」 - つね

2017/05/01 (Mon) 09:08:28

ご無沙汰です。
これまで関東で暮らしておりましたが、4月から四国に引っ越しました。
新たな住まいは四国山地のど真ん中。
吉野川、仁淀川、四万十川と清流の源流にほど近く、急峻な四国山地から流れるたくさんの滝がある地域です。
当然、登山口にも近く、山歩きにも便利。
これでは仕事の都合か、趣味の都合かわかりませんね(^_^;)
四国からのレポート第一弾は「にこ淵」。
仁淀川の支川、枝川川(←誤植ではありません)の上流にある小さな滝ですが、大きな滝壺をもち、仁淀ブルーと称される美しい蒼を湛えています。

益々充実 - MUTYO

2017/05/07 (Sun) 00:45:57

つね様 こんばんは(^^)/

四国とはまた、かなり遠方に移動されたのですね。
ブログを拝見しましたが、山のみならず海にも潜られたようで大自然を満喫、羨ましいです~(^^♪
美しい自然が残された場所、今後、公私伴に益々充実した日々になるのでしょうね?

色合いが強烈な「にこ渕」のお土産、ありがとうございます
透明度の高い滝壺、いつまでも眺めていたい雰囲気に満ち溢れていますね。

仁淀川といえば『日本一水質が良い川』でしたよね?
四国は物凄い秘境感タップリな場所、いつかゆっくりと滝巡りをしたい地域です。

今まで以上に、ブログ更新楽しみにしております

ネットで人気急上昇の「濃溝の滝」へ行ってきました。 - takizuki URL

2017/03/21 (Tue) 20:52:17

こんばんは!!ご無沙汰をしております。

ネット、メディアで「ジブリの世界のようだ」「ハートの光景が凄い」と人気急上昇の
濃溝の滝へ行ってきました。
ハート型の光景を見るため前日泊で行きましたが、残念ながら頭に描いていたものは
撮れませんでした。
県外からもたくさんのアマチャアカメラマンが来ておりました。
ハートの光景は一見の価値はあると思いますので、機会があったら是非訪問を・・・。

一応、滝ですよね? - MUTYO

2017/03/26 (Sun) 10:03:42

takizuki様 こんにちは(^^♪

美しい濃溝の滝のお土産、ありがとうございます
takizuki様のレポートを拝見して、カメラマンの数にビックリ かなりの人気スポットになっているようですね。
訪問してみたいと思ってはいるのですが、当分の間は人気が続きそうなので、いつか下火になった頃にソーッと・・・(笑)

それにしても頂いたお土産、綺麗なハート型になっていますね

再々々度、「濃溝の滝」へ行ってきました。 - takizuki URL

2017/04/14 (Fri) 22:26:42

こんばんは!!

初回に見たハートは満足のできるものでなかったので4回も訪問してしまいました。
そしてついにハート現象を目撃してきました。幻想的なハートシーンは動画等で見ることができます。
http://ks2345.sakura.ne.jp/syasinsyuu511noumizonotaki.html


>一応、滝ですよね?

この滝は350年前に川廻しでできた人口の洞窟と滝なので、滝として呼んでいいのか、
また落差も小さく滝としての魅力があるのか私も疑問に感じております。
しかしながら、ネット等で取り上げられているように滝、洞窟、周辺の構図が別世界のような
雰囲気を醸しだしていることと、幻想的なハートが浮き上がる不思議な自然現象が注目を
浴びることになったと思います。
千葉県人として、これといった滝のない千葉に自慢のできる観光スポットが
出来たことに非常に嬉しく思っています。

takizuki様の想い - MUTYO

2017/04/18 (Tue) 00:45:28

ただただ、『素晴らしい』の一言、前回頂いた画でも十分見事と感じましたが、
今回は更に上を行く作品、絶妙なタイミングで撮影されたのですね。

映像もじっくり拝見しましたが、最高の状態で光が差し込む時間はたったの『1分』程度、
季節によって差し込む時刻や長さは変化すると思いますので、気楽に訪問して撮影できるものではないと感じました。

>>> >一応、滝ですよね?

言葉足らずで誤解を招いてしまい、申し訳ありませんm(__)m
こちらの意図としては、「川廻し・人口洞窟」云々よりも、この滝を見た際の、
『takizuki様の率直な感想』をお聞きしたかったのですが、
タイトルということで必要な部分を端折ってしまい、マイナス的な表現に・・・ m(__)m

数多くの滝に訪問されているtakizuki様が何度も足を運ぶ場所、地元愛の側面もあると思いますが、
私が想像している以上に魅力的な場所のようですね。
やはり、「百聞は一見に如かず」 少なくとも一度は足を運んでみる価値がありそうな雰囲気、
ただ、綺麗なハートシーンに出会うためには、周到な準備と運も必要なのでしょうね。

この滝に対するtakizuki様の想いが盛り込まれた作品、感動しました
とっても素晴らしいお土産を頂き、誠にありがとうございました

こちらこそゴメンナサイ。 - takizuki URL

2017/04/21 (Fri) 22:49:58

こんばんは!!
いつも適切なありがたいコメントありがとうございます。
また、映像もじっくり見ていただいてありがとうございます。

>・・・マイナス的な表現に・・・

マイナス的な表現とは思っていませんよ。
頂戴したタイトルがキッカケとなって、人工滝であること、ネットで評判になったことの詳細を紹介
させていただいたことに感謝しています。
地元千葉県ですので滝の存在は知っていたのですが、私自身が人工滝であること、落差がないこと等から
滝として魅力を感じていなかったのでいままで未訪問でした。ところがネットで評判になっていることから
慌てて訪問した次第です。
このような思いですので、かえって不愉快な思いをさせてしまったようで申し訳ありません。
文章になっておりませんが今後ともよろしくお願いします。

恐縮です(^^♪ - MUTYO

2017/04/28 (Fri) 00:37:55

takizuki様 こんばんは
多大なお気遣いを頂き、誠にありがとうございます

「言葉遣いは十分に気を付けなければいけない」と理解しつつ、必要な部分を省いてしまい・・・
対面で話す際には、相手の表情やトーンから判断できますが、文章で記載した場合は意図した内容とは逆の解釈にも・・・。
takizuki様のコメントを頂き、改めて表現の難しさを考えさせられました。

さて「濃溝の滝」、滝好きからすると、人の手が加わっている事に対して多少思う所がありますが、
訪問した人が目にした際に「幻想的だ」「美しい!」「良いものはイイ!」と感じたからこそ、
多くの人が集う人気スポットになっているのでしょう。
今まで滝に無関心ながら、「濃溝の滝」の訪問をきっかけに、他の滝にも興味を抱く人が少なからず存在しているのでは・・・?

それにしても、『ハート型になることを、川廻し計画の際に計算尽く』であったとしたら・・・スゴイ・・・。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.